開催情報

大変残念ですが、台風19号接近のため、第31回の開催を中止しました。

被害が出ないことを祈ります。

次回、12月14日にお会いしましょう。

次回の「第31回 治療共同体について考える会」は・・・

日時:2019年10月12日(土)14:00〜 

場所:大阪経済大学 70周年記念館 45教室
内容:プロジェクト・オンブレについて

話題提供:井上智恵さん(立命館大学大学院社会学研究科博士後期課程

  スペインの治療共同体でのご経験を聞かせていただきます。

 

皆さまのご参加をお待ちしています。


◉2019年度の開催

[2019年度の日程]開催時間 14:00~17:00

2019年4月6日(土)・5月11日(土)・6月8日(土)・7月13日(土)・9月14日(土)・10月12日(土)・12月14日(土)・2020年1月11日(土)・2月8日(土)


◉2019年度に取り上げたテーマ

  • 治療共同体のスタッフに求められるもの
    • イギリスの Community of Communities が 2015年に作成した Service Standards for Therapeutic Communities, 9th Edition (治療共同体のサービスの規準、第9版)の Core Standards

◉2018年度に取り上げたテーマ

  • 世話人川合のイタリアの治療共同体でのトレーニング体験
  • 「キャッセル病院 入院案内」を読んで思いつくこと
  • コミュニティ・ミーティングについて考える
  • コミュニティ・ミーティングって何?-Maxwell Jones のミーティング記録から学ぶ-
  • 私の体験の中の治療共同体 ー駒ヶ根病院『開放化』後の動きー

◉内容

 「治療共同体」を軸にして一緒に考えてみよう!と思う人が集まって、それぞれの臨床現場での現状や問題意識を出し合い、会の持ち方を相談しながら実施しています。

 自分の臨床現場を利用者が安心して治療に取り組める空間にするにはどうしたらよいかについて、「治療共同体」の考え方や実践例を参照しながら考えています。日々悩んでいること、変だなと思っていることを言葉にしてみることは、新たな気づきにつながるかもしれません。

 どのような内容でも参加者が「リフレクトする空間」になるように進めています。

 

[現在取り組んでいる内容]

 イギリスの Community of Communities が 2015年に作成した Service Standards for Therapeutic Communities, 9th Edition (治療共同体のサービスの規準、第9版)の STAFF を日本語に訳したものを資料にして話し合い、自分の臨床現場と繋げながら考えることに取り組んでいます。

 

 

★今後取り組む内容を検討中です。ぜひご提案をお願いします。


◉場所

大阪経済大学 70周年記念館(A館) 4階45号室
〒533-0011 大阪市東淀川区大桐2-8-11